No image

第10回|鍼って痛くない?

「鍼って刺しても痛くない?」という疑問は最初は誰しも持つものなのですが、実は古代中国においては結構痛いものと認識されていたようです。以前、古本屋で立ち読みした中国の科学について書かれた本の中で、「扁鵲(へんじゃく・人名) […]

No image

第11回|日本の鍼灸が誇れるもの

以前に、東洋医学は鍼の製造技術に関しては進歩しているということをお話ししました。それではそれ以外の技術や理論体系についてはどうでしょう? 東洋医学と言えば中国ですが、本場中国と比べて明らかに日本の鍼灸が誇れるものがありま […]

No image

第12回|診察・診断-その壱

今回は診察・診断についてです。西洋医学では、診察や診断に於いては、医療機器が非常に重要な役割を持っています。今や腰痛で整形外科に行くと、まずは尿や血液検査、その後レントゲンを撮り、設備の整ったところではMRIまで使います […]

No image

第13回|診察・診断-その弐

今回は診察・診断のお話です。ご存知かどうか、私たちのような鍼灸師や按摩・指圧マッサージ師、柔道整復師は診断することは出来ません。これは医師法に触れるからで、そのため診断書を書くことはもちろん出来ません。しかしながら、診断 […]

No image

第14回|按摩・指圧・マッサージ

私は按摩・指圧・マッサージ師の免許は持っていないので、本当は専門ではないのですが、これらの手技を使って治療している方にも友人は多くいますので、敢えて今回はこの話題についてです。 指圧や按摩も東洋医学である以上、東洋医学的 […]

No image

第15回|妊娠と経絡

東洋医学には経絡と言う独特の考え方があります。 この経絡の中で妊娠と関係が深いものに、「任脈」「衝脈」の二つがあります。 任脈とは身体の全面の中央を肛門から下顎まで通っています。この任脈は元々女性では子宮と卵巣から始まっ […]

No image

第16回|妊娠期の冷えについて

基本的に女性は冷え性の人が多いのですが、冷え性って当たり前ですが下半身が冷えますよね。 下半身が冷える人は大体上半身は熱くなることが多いんです。そうなるとただでさえ妊娠中はつわりやのぼせが出やすいのに、益々ひどくなってし […]

No image

第17回|未病を治す

よく東洋医学は未病を治すと言われます。 それでは未病を治すとはどういうことでしょうか? 未病とは「未だ病んでいない」ということですよね。 例えば病院の検査では何も異常が出ないが、お腹が常に張っているとか、食欲が何となくな […]

No image

第18回|「治りますか?」

今日のお話はかなり本音で書きます。(今までもですが) 鍼灸のHPを作っていると、よくメールで「鍼で治りますか?」とか「どのくらいの期間で治りますか?」とよく聞かれます。 ほとんどの場合は「診てみないと分かりません」と答え […]

No image

第19回|舌のお話

以前治療によって舌の色や形、苔の色や形が変わると言いましたが、今回はその中でも比較的誰が見ても分かるような変化を示した例を写真で見てみましょう。 下の写真は20代の男性ですが、強い鬱症状で来院されました。舌は先が頭を根元 […]

1 2 3 4 5 6