還暦祝いにもらって嬉しかった思い出

還暦祝いの思い出

還暦を迎えて仕事の関係や家族などたくさんの人から様々なお祝いの品をいただきました。
昔は還暦を過ぎれば仕事も引退ということも多かったと思いますが、時代の流れから60歳を過ぎても働く人は多く、自分も例に漏れず還暦を過ぎても相変わらず鍼灸師として働くことになっていたので、仕事関係の方からは赤色のハンカチやタオルなど仕事でこれからも使えそうなものも還暦のプレゼントとしていただきました。
後は愛煙家なのでこれも還暦ということで赤いライターをいただいたり、おしゃれなボールペンなどもいただいたりととてもありがたい限りでした。また、職場内でも異動も同時にあったもので、送別会でいろいろな方から花束などもいただいて、我が家が一気に華やかになったりもしました。

そんな様々な還暦のプレゼントの中でも嬉しかったのが、長く付き合いのある取引先の方からいだたいだものです。
それは、ペアのおしゃれなマグカップでした。恥ずかしながら今までずっと安物のマグカップばかり使っていてあまり縁がなかったのですが、妻が言うにはなかなかのブランド品とのことで、確かにシンプルながら品のあるデザインで妻も大変気に入ったようでした。しかもそこの部分には私と妻の名前が入っていて、この細かい気配りには本当に頭が下がる思いでした。一緒にメッセージカードも添えられていて、60歳で一応は役職定年で今までよりは暇になるということを先方もご存じだったので、「このカップで奥さんとゆっくりコーヒーでも飲んでください」という一言が添えられていて、本当に感無量でした。

どうにも身の回りのものにはわりにこだわりのある方で、あまり人からいただいたものというのは使う機会がどうしても少なくなってしまう傾向が自分にはあったのですが、このマグカップはとても気に入っていつも使わせてもらっています。妻も大変気に入ったようで、今までよりコーヒーを淹れてくれる頻度が増えたようにも感じています。
まさに使う側の気持ちを考えてくれたプレゼントという感じで、送り主の方には本当に感謝しかありません。
自分も人にプレゼントを贈るときには、こんな風に喜んでもらえるものを選びたいものだと心底思っています。仕事も一段落をして家事も少しは手伝おうということで、まずは皿洗いを私が担当するように最近なったのですが、このマグカップばかりは割ったりしないようにと慎重に洗うのも楽しみの一つになっています。