第09話|クイック・マッサージのはなし

今後の予定

これまでは、業界に関する情報を書いてきました。幸いクレームもなく、当初の計画通り、「業界ってこんなところ編」はめでたく終了しました。
今回からは、実際にあん摩マッサージ指圧を受けるにあたり、知っておくと良いと思う情報を、数回に分けて連載します。はり・灸治療については改めて書きます。
これまでもかなり偏った意見を述べて来ましたが、「誰が書いても同じ」情報がけっこう入っていました。しかしこれからは、ほぼ100パーセント私見を書いて行くことになります。あくまでも一意見として、参考にしてください。

クイック・マッサージ

ここで取り上げるクイック・マッサージとは、胸当て、顔当てのついた椅子に腰掛け、15分から30分の間で行われる、あん摩マッサージ指圧治療のことです。

良い点
安い
時間がない時にも手軽に受けられる
マッサージを初めて体験する人に最適
治療院の腕が分かる
上半身の治療に有効
だいたい1分100円の計算で、15分1500円 30分3000円というのが一般的です。時間も明確で、衣服を着替える必要もありません。

たいてい、 「どこが疲れていますか」と聞かれますので、特に疲れている部位があったら、15分1ポイントくらいの割合で注文をつけると良いでしょう。

15分では、どうがんばっても全身をきっちり施術するのはとうてい無理です。
頚と肩
肩と腕
ちょっと頭痛が

足がむくむ

まあ、せいぜいこのくらい。原因が姿勢や疲労にある場合は、けっこうイケると思います。どこが疲れているのかよく分からない時には、そう言ってください。

特に疲れていないけど興味がある人は、 「初めてなので全体的に」と言いましょう。 「特にないです」「疲れてません」と言われる方もかなりいらっしゃいますが、 (どこも悪くないのに、どうして来るの?)と、正直、対処に困ります。 マッサージがどんなものかを知るだけなら、一番短いコースで充分です。お金と時間は大切に。

15分受ければ、その人の技術はだいたい分かります。目安になるのが「頚」の施術です。髪の毛もあるし短いし、平たくないので指をあてずらい。その上こりの溜まる場所です。繊細な場所なので、ちょっと腕が悪いと、他よりも目立ちます。僕のいた学校には、「頚ができれば一人前」と言う先生もいたくらいです。

また、15分に対してはこの流れでやる、というように、術式を組んであって、どんな人が来ても、それに沿って施術する人たちがかなりいます。良いのか悪いのかは知りませんが、それなら最初から、「どこが悪いか」などと聞かなくてもいいものを・・・。チェーン店をいくつも抱える大企業に多いようです。

椅子での治療は、背中から上、だいたい肩甲骨の下あたりから上を施術するのには、とても使い易くできています。主訴が腰にある時には、施術前に、 「ベッドで腰をやってくれ」  と言ってみてください。

悪い点

顔に痕がつく
下半身治療には不向き
学生・素人が多い
マッサージに慣れている人には物足りなさが残る
顔当てには、油とり紙をロール状にしたものを使っている所があります。
化粧が落ちます。ちょっと休めば消える程度ですが、上から押されて、紙の痕が顔につくこともあります。

どんな器具を使っているかを確認して、イヤな人はベッドでの施術を希望してください。 でも、ベッドだと途中で体位変換しないといけませんよ。

クイックの術式はけっこう簡単に覚えられるので、デパートの中に構える大手でも、その辺のおばちゃんたちがサッソウと施術しています。

注意点

妊娠中の人は、必ず施術前に教えてください。突っ伏した姿勢をとるので、お腹を圧迫してしまいます。妊娠中は腰がつらくなるそうですが、施術はできません。

頚・肩などについては、ベッドで横向きに寝て施術を受けてください。

同じ15分でも、ベッドで受けるか椅子で受けるかにより、様子はがらりと違います。自分に合った方法をみつけて、有効に活用してください。