夏の暑さも四季の一つ

今年の夏は、厳しい暑さが続いています。
しかし、この暑い夏も日本の四季の一つの季節です。
東洋医学では、人も自然の一部であると考えます。
従って日本に生きる 日本人は、一年を通じて自然のリズムである四季に身体も同調してリズムを 刻んでいるのです。
つまり、夏には暑さに合うように身体も調節されているのです。

身体が自然に調節されているところに、冷房を強くかけ過ぎたり冷たいものを飲みす ぎたり、食べ過ぎたりするとどうなるでしょう。 当然、身体の調節の具合がおかしなことになります。

外に出ると暑い、部屋の中は寒い、身体の外側は暑い、身体の中は冷たい、これを繰 り返していれば、身体のバランスは崩れ冷房病、冷性、夏ばてになっていきます。
特 に女性では、婦人科系にも影響を起こしやすくなります。

こうして崩れたバランスを調節するには、東洋医学・鍼灸が効果的でしょう。
また、そうならないようにするには、部屋の温度を外気との差3?5度程度で部屋にい ても動くと少し汗ばむくらいにクーラーを設定する。
冷たいものを飲むときにも一気 にがぶがぶ飲むのではなく喉が渇いたときに一口づづ飲むようにする。
外出の時に は、冷房の効きすぎたところで1枚上着を着る。
などに気をつけると良いでしょう。

また、夏には汗をかくのが自然なことですから日差しが弱い早朝などに軽い運動をし て汗をかくとより健康的です。