第19回|舌のお話

以前治療によって舌の色や形、苔の色や形が変わると言いましたが、今回はその中でも比較的誰が見ても分かるような変化を示した例を写真で見てみましょう。

下の写真は20代の男性ですが、強い鬱症状で来院されました。舌は先が頭を根元が下半身を表し、真ん中はお腹を表します。

shita01
上の写真では舌先が赤くて、からからに乾いてしまっています。
また思いを巡らせ過ぎて、ねっとりとした苔が付いています。それでは治療2日後の写真を御覧下さい。

shita02
上の写真では乾いていた舌先が綺麗に湿り気が出ていますし、全体に苔の量が減っています。
症状もそれに共に軽減しています。もちろん一回の治療で完治したわけではありませんが、定期的に治療を続けながら症状の安定を図っています。
いかがでしょうか?
舌や苔の変化は案外早く、案外分かり易いものですよね。
どうですか、舌ブラシで擦る前に東洋医学で体調を整えた方が良いのではないですか?
舌はあなたの身体を映し出していますよ。