第18回|「治りますか?」

今日のお話はかなり本音で書きます。(今までもですが)
鍼灸のHPを作っていると、よくメールで「鍼で治りますか?」とか「どのくらいの期間で治りますか?」とよく聞かれます。

ほとんどの場合は「診てみないと分かりません」と答える事になるのですが、これは別に商売っ気を出している訳ではないんですよ。本当に診てみるまでは分からないんです。

例えばよく鍼灸で比較的多く見るアトピーですが、一見して悪くなさそうなものが実は薬で抑えているだけで、診察してみるとかなり難症であったり、じゅくじゅくしてかさぶたや血だらけのアトピーが案外早く痒みが止まったりと、これだけは診察を進めていかなければ分かりません。

しかも針に対する感受性もあるようで、1本の鍼に非常に敏感に反応する患者さんも居れば、中々反応しない患者さんもいらっしゃいます。(これは私の腕のせいかも知れませんが)一番確実な方法は、やはり話だけでも直接言ってみて聞くほうが良いですね。
私達鍼灸師は顔色や肌の質、話し方や立ち振る舞いでも診察をしますので、電話でのお話よりは確かなお話が出来ます。そこでその治療家が気に入れば実際に治療してもらえば良いのではないでしょうか。治療技術が第一とはいえ、生理的に受け付けない人に身体を触られるのは私でも嫌ですもんね。まずは一歩目を出して見ましょう。